>> 今なら!ビットフライヤーの無料口座を作るだけで、もれなく1,000円分のビットコイン!

【LLAC(Live Like A Cat)】NFTの買い方・始め方【猫のように生きる】

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんな人におすすめの記事

  • LLAC(Live Like A Cat)の買い方・始め方を知りたい
  • LLAC(Live Like A Cat)について詳しく知りたい
  • LLAC(Live Like A Cat)を持っていると何かいいことがあるの?と疑問に感じている
  • 初めてのNFTとしておすすめのNFTを知りたい

Twitterでは日々さまざまなNFTの情報が飛び交っています。

正直、どれを買ったらいいのか正解かわかりませんよね。

最近では詐欺も多く、安心してNFTを始めるには情報の見極めが必要になってきています。

あまいも

NFTを買う時に、何を判断基準にしたらいいかわかりません

そんな中現在発売が決定しているNFTの中でLLAC(Live Like A Cat)が徐々に話題を集めています。

将来性や、NFT参加者からの期待の声の大きさなど総合的に見て

LLAC(Live Like A Cat)は、ダントツで初心者が買うべきNFTと言えます。

理由としては、先ほどから重要視しているように、

  • 運営が初心者向けのNFTを想定してプロジェクトを組まれている
  • Discord内の専用コミュニティーも完備
  • 初心者からの質問にも運営側がすぐに回答している
  • 詐欺対策や被害の事例も定期的に共有してくれるため、とにかく安全に楽しむことができる

これらのポイントがしっかり抑えられていることが挙げられます。

LLAC(Live Like A Cat)はしゅうへいさんとクリエイターの猫森うむ子さんによるジェネラティブNFTプロジェクトです。

「ネコのように自由に生きてみよう」というのがテーマとなっています。

このテーマも深いんです。
適当に遊んで暮らそうって意味ではなく、さまざまな想いが込められています。

さぁ、前置きが長くなりました。

この記事では、仮想通貨ど素人から独学でNFTを購入しわずか4ヶ月で十数万円の利益を上げることに成功した私あまいもが、2022年下期期待度No.1のLLAC(Live Like A Cat)の買い方や特徴について個人的な感想を随所に散りばめてご紹介したいと思います。

もくじ(押して飛べる)

LLAC(Live Like A Cat)NFTとは?

LLAC(Live Like A Cat)コレクション情報

コレクション名LLAC(Live Like A Cat)
販売個数22,222点
販売価格0.001ETH
販売日2022年12月28日(水)12:00
ブロックチェーンイーサリアム
公式ディスコードLLAC公式ディスコード
(現在LLAC公式ディスコードは募集を一時停止しています。再開されたら情報共有します)
公式サイトLLAC公式サイト
公式オンラインショップまたたび屋

LLAC(Live Like A Cat)NFTの運営メンバー

  • ファウンダー:Shuheiさん(Twitter
  • リードデザイナー:猫森うむ子さん(Twitter
  • マーケティングアドバイザー:イケハヤさん(Twitter

ファウンダーはShuheiさん。
フリーランスのためのコミュニティ「フリーランスの学校(フリ校公式Twitter )」を運営されている有名インフルエンサーさんがつとめています。

デザイナーは超人気デザイナーの猫森うむ子さん。
LLAC(Live Like A Cat)の状況次第では今後のデザイナー人生が左右されることから、生半可な気持ちではなくフルコミットされてきていることを公言されていました。
つまり、今後うむ子さんの代表作がLLACになっていくと言っても過言ではありません。

マーケティングアドバイザーはイケハヤさん。
Crypto Ninja、CNP(CryptoNinja Partners)、AoPanda Partyなどを成功に導いているカリスママーケター。
日本のNFT業界でイケハヤさんが絡むと売れる。売れる。売れる。
しかも売るだけではなく、アニメ化やゲーム化も成功させ、NFT自体の未来を作ることに全力を尽くされています。
もはやNFT界の伝説に近づいています。
ご自身でも仮想通貨ラボ(ICL) という上級者向けのコミュニティーを運営されており、入会金98,000円にも関わらず2,000人程の参加者がいます。

LLAC(Live Like A Cat)NFTのコンセプト

「猫のように生きる」

あまいも

どういう意味?

猫のようにダラダラ気楽に生きられる

ということじゃないにゃ!

「猫のように生きる」とは以下のような生き方のことを言います。

  • 猫のように自立して
  • 未来を不安に思わない
  • 誰かに媚びへつらうわけではなく
  • お金に縛られることなく時間的自由のある生活
  • その中で、やりたいことをしてお金を稼ぐ
  • 結果、心地よい時間を過ごす。最大化する。

LLAC(Live Like A Cat)」と「フリーランスの学校」は密につながっており、まさに新しい生き方のOSをアップデートすることがコンセプトになっています。

あまいも

時間を切り売って、お金のために生きることに疲れていたのでハッとします!

自分の一回限りの人生、ボクたち猫のように心地よい時間を過ごしてほしいにゃ♪

LLAC(Live Like A Cat)NFTの特徴

人気デザイナーと有名マーケターのコラボによる将来性

人気デザイナー猫森うむ子さん(Twitter )と、インフルエンサーでありファウンダーのShuheiさん(Twitter )のタッグによるNFTプロジェクト。

それを日本のNFT業界の第一人者でありインフルエンサーでもあるイケハヤさん(Twitter )がマーケティングアドバイザーとしてサポートしており、盤石の構えです。

LLACのデザインは猫森うむ子さんがリードデザイナーとして手がけています。

Twitterフォロワーは5.2万人(2022年11月現在)、Amazon Payともコラボしており人気があります。

あまいも

運営者が誰か公開されている

初心者目線で運営されていて、気軽に運営に質問できる場所がある

将来に向けたロードマップがしっかり用意されていてわかりやすい。

そんなプロジェクトを選ぶことが重要です。

もっとーは「情報収集能力・自分で考える力・つくるスキル」があれば、自分らしく楽しく自由に働くことができる。

デザイン・活動を通して、「何かにチャレンジしたり、思考力やクリエイティブスキルを身につけるきっかけになると嬉しい」と考えて活動されています。

猫森うむ子さんのデザインする作品というだけで価値がありますし、将来的にますます人気が出ればNFT作品自体の価値も高騰する可能性がありますね。

LLACのファウンダーはShuheiさん。

Shuheiさんは、フリーランスのためのコミュニティ「フリーランスの学校(フリ校)」の代表として活動。

フリ校は2万人(2022年11月現在)以上が受講しており、多くの稼げるフリーランスを輩出しております。

Twitterフォロワーも5.5万人(2022年11月現在)で相当影響力があるインフルエンサーです。

LLACのマーケティングアドバイザーはイケハヤさん。

Twitterフォロワーは脅威の34.4万人(2022年11月現在)。

10年以上前からインフルエンサーとして様々な活動をされてきましたが、数年前から暗号資産(仮想通貨)にフルコミット。

2022年現在はこれまで年間数千万円の利益があったブログやYouTubeなどの活動をすべてやめ、NFTにフルコミットされています。

NFTについての情報を発信するコミュニティー ICLは98,000円の入会金にも関わらず2,000人弱の参加者。

NFTの最新情報の活発な議論や、NFTのホワイトリスト(WL)=アローリスト(AL)も参加者に提供されるなど、日本のNFT業界を間違いなく最先端で引っ張られています。

これまでもイケハヤ氏がマーケティングを担当したCNP(CryptoNinja Partners) は、国内屈指の大成功を遂げています。

販売時の価格はLLACと同じ0.001ETH=約238円でしたが、現在のフロア価格は1.8ETH=約43万(どちらも2022年11月5日現在のレートで計算)

あまいも

実に1,806倍!!

販売開始時からCNPを複数体買ったら1千万円以上利益が出たなんて人もざらにいます。

さらに人気デザイナーが手がけたAoPanda Party もマーケティングアドバイザーとして活動され、販売開始直後から価格が高騰。

販売時の価格はLLACと同じ0.001ETH=約238円でしたが、現在のフロア価格は0.69ETH=約16.4万(どちらも2022年11月5日現在のレートで計算)

手がける作品すべてが大幅に価値を上げるという神マーケティングをされているんです。

イケハヤさんが、マーケティングアドバイザーなら安心ですね!

これまでも人気デザイナーがNFTを出すっていうのは今までもいくつかあったのですが、マーケティングについてはプロではありませんから意外と価値が上がらなかったということがザラにありました。

あまいも

作品が良いかどうかの一つの判断基準として、インフルエンサーが買っているかどうかが着目されているということです。

販売数が多い

作品数が22,222体と非常に多いのも特徴です。

猫森うむ子さんが、半年の準備期間と燃え上がる情熱を書けて一点一点心を込めて作成されておりました。

各パーツこだわりにこだわり抜いて作成されている姿をLLAC公式ディスコード 内の「のぞき穴」というチャンネルにて公開されていました。

(現在LLAC公式ディスコードは募集を一時停止しています。再開されたら情報共有します)

あまいも

これだけのこだわりで22,222体ができあがるなんて!

今回も、うむ子先生は「本気」だにゃ♪

SNSのPFP(プロフィール用作品)として作成され実用性がある

日本のNFT作品でもっとも人気があるのがPFP。

profile pictureの略であり、TwitterやInstagram、LINEなどの各SNSのアイコンに使えるような形・サイズの作品です。

OpenSeaの人気ランキングを見ても上位はほとんどがPFP作品となっています。

LLAC(Live Like A Cat)も上記画像のようにSNSアイコンに使ったらぴったりの可愛い画像です。

様々な格好をしているため、自分の仕事に合った見た目の子を選ぶのも楽しいです。

あまいも

PCに向かっている子なら私もすぐに使いたい!

ジェネラティブNFT

LLAC(Live Like A Cat)はジェネラティブNFT。

AIが自動的にパーツを組み合わせて作るNFT作品のことです。

キャラクター、色、背景、アクセサリーなどを決めておいて、AIが自動的に組み合わせを決定。

それにより22,222体の作品が生まれます。

しかし当然のことながら組み合わせがデザイナーが思い描くものである必要があるため、入念なチェックが行われます。

ジェネラティブ作品はいわゆるガチャのような特性があり、レアな組み合わせになると高値で取引されることも多いです。

レアになる傾向がある特徴は以下

  • ゴールドやシルバー、レインボーカラー
  • 目からビームが出ている
  • アイテムにイーサやビットコインを持っている
  • 狐のお面を被っている
  • 逆にアイテムなし=裸

この辺りの特徴が出たら、ものすごい高値で取引されることもあります。

レアリティ1位の人気作品は数十ETH=数百万円で取引されることもありますよ!

あまいも

それだけで家が立ちそうですね

コミュニティが活発

LLAC公式ディスコード の運営もしっかりとされています。

(現在LLAC公式ディスコードは募集を一時停止しています。再開されたら情報共有します)

  • ふらっと立ち寄って気軽に話せる「猫カフェ」や「空き地」
  • 猫好きさんと交流できる「猫ギャラリー」や「にゃらてぃぶ」
  • クリエイティブ・デザインの裏側を見れる「アトリエコーナー」
  • フリーランスの学校関連

様々な目的を持つ人がそれぞれの目的で楽しめる場所があります。

楽しめるし、勉強にもなるコミュニティーなんです。

ディスコードって参加したことがある方ならわかると思うんですけど、いろんな部屋があって、どこがどんな部屋なのかわからないコミュニティばかり。

しかしLLACは違います

あまいも

とんでもなく見やすい!

LLAC(Live Like A Cat)NFTのホワイトリスト(WL)=アローリスト(AL)のもらい方

Live Like A CatのWL=ALを確実にもらう方法は、現時点でありません。

あまいも

えええええええええ・・・

僕たちはこれを「プラス」のことと考えているにゃ。

どういうことか。

理由は、「WL=AL目的だけの人(=フリッパー)」に優先購入券を持って欲しくないから。

Shuheiさんのブログ内でもしっかりと語られています。

ちなみにフリッパーとは、短期売買で利ざやを稼ぐ転売ヤー。ペーパーハンドとも言われます。

フリッパーがWL=ALの多くを持ってしまうと以下のようなことが起きます。

  1. WLをもらってMint(販売)当日に0.001ETH=約230円(2022年11月6日現在)でNFT購入
  2. 即日0.3ETH=約6.9万円(2022年11月6日現在)で売却
  3. TwitterでNFTの○○のWLで儲かったぜ報告
  4. WL=ALは短期投資として儲かるんだと思って参入するフリッパーが増殖
  5. NFTコレクションは大事にされないため、価格が暴落するなど運営はもちろん何より、所有しているコレクターが悲しい思いをする
あまいも

誰も幸せにならない・・・

WL=ALを転売ヤーに渡さない。

これは、僕たちとコレクターさんに対しての愛なのにゃ♪

とはいえ、絶対にWL=ALがもらえないわけではありません。

ShuheiさんのVoicy「Live Like A CatのWLをもらう方法」にてWL=ALについての考え方がしっかりと語られていました。

bitbank
コインチェック
コインチェック
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

●アラフォー外資系会社員

●31歳で起業して失敗、借金、翼の折れたエンジェルになる

●その後数年バイト三昧で完済

●アラフォーなのに貯金がないヤバさを痛感していたところ、仮想通貨とNFTが熱いという話を聞きフルコミットすることを決意

●2022年5月に仮想通貨とNFTをスタート、すでに含み益150万円

●新しいもの好き、投資は年齢と資産計画からリスク許容度を高めで攻めたいので仮想通貨がマッチ

●筋トレの神に仕えてます

bitFlyer

コメント

コメントする

もくじ(押して飛べる)